カンボジア・プノンペンにあるコンビニ~サークルK~

日常

プノンペンにはたくさんのコンビニがありますが、日系のコンビニ「サークルK」もあります。

来年くらいに「セブンイレブン」も参入してくるみたいですが。。

プノンペンにあるサークルKは、日本のサークルKとは店内の雰囲気も少し違います。

プノンペンにあるサークルKに売っているもの

レジ横に並んでいるのは「おでん」と「ドリンク」です。

プノンペンのサークルKで売られているドリンク

プノンペンのサークルKで売られているおでん

ドリンクはレジでカップを買って、自分の好きなドリンクを飲むスタイルです。(缶やペットボトルのドリンクもあります)

おでんの具は、タイで作られているものなので、セブンやローソンで売ってるような具ではなく、かまぼこがメインのカンボジア人好みの具材です。

プノンペンのサークルKで売られている弁当

カンボジア人好みのお弁当や麺類も売っていて、1つ1.5~2.5ドルくらいです。

味は微妙です・・

 

この他、スナック・ドリンク・アイス・簡単な日用品などが売られています。

サークルKとは名ばかりで、売っているものはプノンペンにある他のコンビニと同じです。

でも現在10店舗以上は展開しているので、それなりにプノンペンで健闘していると思います。

管理人の一口コメント

せっかく日本のコンビニがあるのに、日本から輸入している商品はほぼありません。

サンガリア飲料など、ほんの一部の日本食品以外はカンボジア・タイ・中国系の商品なので、在住日本人からすると物足りないです。

これならわざわざサークルKに行こうという気にはならないです・・・

もう少しローカルなコンビニとの違いを出してくれれば嬉しいですが、そう簡単にはいかないのかもしれません。

これからに期待します!

コメント