カンボジア語講座☆ネイティブの発音あり!~数字編~

カンボジア語

第3回目となるカンボジア語講座では、数字を取り上げたいと思います。

カンボジアで使われる数字はアラビア数字ではなく、カンボジア数字になるので、パッと見ただけではわからない事があります。

ちなみにカンボジア数字表記はタイ語と同じです。

カンボジア語講座☆ネイティブの発音あり!~数字編~

ひとまず0から10までの数字を覚えられれば、だいぶ楽になります。

今回もネイティブの発音を聞きながら、数字を覚えてください。

観光でも使うシーンがあるので、覚えておくと便利ですよ♪

0から10までの数字の発音

0:ソーン

១:モーイ(1)

២:ピー(2)

៣:バイ(3)

៤:ブォーン(4)

៥:プラン(5)

៦:プランモーイ(6)

៧:プランピー(7)

៨:プランバイ(8)

៩:プランブォーン(9)

១០:ドップ(10)

ここでポイントとなるのは6以降の数字は、 5と1~4までの数字を組み合わせたものになることです。

6の場合だと、プラン(5)+モーイ(1)になります。

7の場合だと、プラン(5)+ピー(2)になります。

11~19までの数字の発音

១១~១៩:ドップモーイ~ドップッランブォーン(11~19)

この場合も基本的な考え方は先ほどと同じで、16と 言いたければ、ドップ(10)+プラン(5)+モーイ(1)となります。

20~100までの発音

どんどん行きましょう!

២០:ムペイ(20)

៣០:サームサップ(30)

៤០:サエサップ(40)

៥០:ハーサップ(50)

៦០:ホックサップ(60)

៧០:チェットサップ(70)

៨០:パエサップ(80)

៩០:カウサップ(90)

繰り返しになりますが、39と 言いたければ、サームサップ(30)+プラン(5)ブォーン(4)となります。

100以上の数字の発音

いよいよ数字が大きくなっていきます。

桁が大きくなるほど、発音する時も長くなるので、混乱するかもしれません。。

〇០០(រយ):ローイ(〇百)

១០០,៣០០:モーイローイ、バイローイ(100,300)

〇០០០(ពាន់):ポアン(〇千)

២៥០០:ピーポワンプランローイ(2500)

〇០,០០០(ម៉ឺន):ムーン(〇万)

៥២,០០០:プランムーンピーポアン(52,000)

〇០០,០០០(សែន):サエン(〇十万)

〇,០០០,០០០(លាន):リエン(〇百万)

カンボジア観光で使う数字は多くても万までなので、それ以降の位は覚えなくてもいいかもしれません。

カンボジア語の数字を使う機会はある?

カンボジア語の数字は、レストランで料理を注文する時や、お土産を買う時に使うかもしれません。

例えば、メニューを指さしてនេះមួយ(ニッ モーイ)「これ一つ」と言えば、注文できます。

あるいは、ローカル市場でお土産を買う時に「これ幾ら?」と聞けば、英語かカンボジア語でお店の人は返してくれるので、数字を覚えていれば、聞き取ることができるかもしれません。

ちなみに「これ幾ら?」は・・

タライポンマン?です。

地元の人の発音を聞いてみたい方や、せっかく覚えたカンボジア語を使ってみたいという方は、積極的に使ってみてください。

カンボジア語の挨拶は→カンボジア語講座☆ネイティブの発音あり!~挨拶編~

カンボジア語の自己紹介は→カンボジア語講座☆ネイティブの発音あり!~自己紹介編~

どちらもネイティブの発音があるので、分かりやすいですよ☆

ちなみに、この講座は「旅の指さし会話帳」をもとにしています。

これを持っているとカンボジア人も興味津々で覗いてくるので、効果があります!

コメント