赤ちゃんの紙オムツと布オムツの使い分けとメリット・デメリット

子育てブログ
  • 紙おむつは便利だけどおむつかぶれが気になる・・
  • 布おむつは肌に優しいけど、洗濯が面倒・・
  • 紙おむつと布おむつの使い分けが分からない・・

紙おむつと布おむつは、それぞれのメリット・デメリットがあるので、使い分けが難しいかもしれません。

私も紙おむつの種類が多くて、どれがいいのか分からなかったり、使い分けに悩んで、いろいろ試しました。

そこで今回は、紙おむつと布おむつの使い分けや、それぞれのメリット・デメリットについて紹介していきます。

赤ちゃんの紙おむつと布おむつの使い分け方

紙おむつは吸水力が布おむつより高いため、長時間の着用に向いています。

例えば、就寝時・外出時など、頻繁におむつ交換ができない時に重宝します。

一方、布おむつは吸水力が低いため、紙おむつよりも頻繁に交換する必要があります。

そのため、日中や家にいる時に、布おむつを着用する方が多いようです。

ちなみに我が家では、日中は布おむつ・夜は紙おむつを使っていて、布おむつの場合、1時間半から2時間に1回交換しています。

使っている布おむつはカンボジアで購入したもので、カバーは1枚400円、布は4枚入り400円で購入しました。

おむつカバーはボタンでサイズを自由に調整できるので、ある程度大きくなっても使えて便利です。

普段は布を2枚重ねにしていて、ウンチをした後の選択が楽なように、ソフライナーも敷いています。

紙おむつと布おむつのメリット・デメリット

では次に、紙おむつと布おむつのメリット・デメリットを、実際に使っている観点からまとめました。

紙おむつのメリット・デメリット

  • 交換頻度が少ないから楽
  • ウンチをしても、ゴミ箱に捨てるだけだから楽
  • 長時間付けていると、赤ちゃんの肌がかぶれる
  • 赤ちゃんに合うおむつを見つけるのが大変

布おむつのメリット・デメリット

  • 赤ちゃんのお肌に優しい
  • 紙おむつの減りが緩やかで経済的
  • ウンチをした後の処理や洗濯が少々面倒
  • 交換頻度が多い

私的には、ずっと紙おむつを使っていたほうが楽なのですが、赤ちゃんの肌荒れが心配なので、使い分けています。

実際、おむつかぶれがひどい時もあり、頻繁に紙おむつを交換することもあります。

おむつかぶれのもう一つの対策として、布おむつの上にソフライナーを敷くこともあります。

これにより、おむつと肌が触れる面積がかなり減るので、かぶれが軽減されています。

ちなみに、これまでグーン・マミーポコ・メリーズを使いましたが、グーンが一番おむつかぶれが少なかったです。

そしてパンツタイプではなく、テープタイプを使用しています。

テープタイプの方がオムツ交換が楽(特にウンチの時)なので、今はテープタイプにしています。

他の方のブログを見ても、歩き始めるまではテープタイプを使っている方が多かったです。

紙おむつは、Amazonや楽天のセールの時にまとめ買いをしますが、サイズが合わなくなって無駄にならないように、少しずつ買っています。

紙おむつと布おむつの使い分け、メリット・デメリットについて参考にしていただければ嬉しいです。



コメント