カンボジア語講座☆ネイティブの発音あり!~自己紹介編~

カンボジア語

チョムリアップスーオ! ソクサバーイテー?

このカンボジア語が分からない方は→カンボジア語講座☆ネイティブの発音あり!~挨拶編~

前回は基本的な挨拶の講座でしたが、第2回目は「自己紹介」です。

今回も簡単なので、ネイティブスピーカーの発音を聞いて一緒に発音しましょう♪

この講座は「旅の指さし会話帳」をもとにしています。

これを持っているとカンボジア人も興味津々で覗いてくるので、効果があります!

カンボジア語講座☆ネイティブの発音あり!~自己紹介編~

第1回目の講座で勉強した挨拶の後に続けて使うことができる文章です。

私の名前は○○です(○○のあとに自分の名前を言います。苗字でもいいですが、カンボジアでは名前を言うのが一般的です。)

ខ្ញុំ​ ឈ្មោះ○○:クニョム チュモ○○

・あなたの名前は?(自分の名前を先に言った場合、ダエをいれます。自分の名前を行ってない場合、ダエはいりません。)

ឈ្មោះ​អ្វី (ដែរ):チュモ アヴァイ(ダエ)

何歳ですか?

អាយុប៉ុន្មានឆ្នាំ:アユ ポンマン チュナム?

・○○歳です(○○には自分の年齢が入ります。数字は次の講座になります)

○○ឆ្នាំ:〇〇チュナム

私は日本人です

ខ្ញុំជនជាតិជប៉ុន:クニョム チョンチアット チョポン

日本から来ました

ខ្ញុំមកពីជប៉ុន:クニョム モック ピー チョポン

はい(男性)

បាទ:バー

はい(女性)

ចាស:チャー

いいえ(男女共通)

挨拶と自己紹介をつなげてみよう!

ここで一度復習してみましょう。

カンボジアに来た日本人が、現地の人に挨拶する時の基本文です。

やあ。元気ですか?

សួស្តី សុខសប្បាយ​ជាទេ?

相手が答える(「元気です」か「はい」が多いです)

សុខសប្បាយ か បាទ か ចាស

私の名前はミカです。私は日本から来ました。

ខ្ញុំ​ ឈ្មោះមីកា ខ្ញុំមកពីជប៉ុន

こんな感じになります!

これで挨拶と自己紹介はばっちりです。

自分が日本人であることを伝えると相手も気が緩む

カンボジア人に挨拶する時に大切なのは、自分が日本人だと伝えることです。

日本人は中国人や韓国人と顔が似ているので、カンボジア人は顔で人種を見分けることができません。

カンボジアには多くの中国人がいるため、何も言わないと中国人と間違われて、中国語で話しかけられることもあります。(人によっては中国人を嫌っているのでぶっきらぼうな態度をとる人もいます。)

でも自分が日本人であることを伝えた途端、ぶっきらぼうな態度が一変し、フレンドリーな態度に変わることが良くあります。

管理人も十二分に経験済みです。

例えば、ローカルレストランに行った時、私たちのことを中国人と勘違いしたカンボジア人の店員は、すごくぶっきらぼうで、接客もすごく雑でした。

でも私達が日本人だと分かった途端、「こんにちは」とか「あじのもと」とか話しかけてきて、笑顔になりました。

なので自分が日本人であることを伝えることには意味があると思いますよ♪

この講座は「旅の指さし会話帳」をもとにしています。

これを持っているとカンボジア人も興味津々で覗いてくるので、効果があります!

次回はカンボジア語の数字です→カンボジア語講座☆ネイティブの発音あり!~数字編~

リアハウイ!!

コメント