カンボジアで食べる長崎ちゃんぽんは日本と同じ味

グルメ

カンボジアを代表する麺類といえば、米粉から作られている「クイティウ」です。

ベトナムの「フォー」に似ています。

カンボジア人は朝ごはんとしてクイティウを食べる人が多いです。

そんなカンボジアで長崎ちゃんぽんが食べられるお店があります。

カンボジアで食べられる長崎ちゃんぽんとは?

日本でもおなじみ「リンガーハット」です!

現在、プノンペンにある2つのイオンモールに出店しています。

カンボジアにある長崎ちゃんぽんのお店のメニュー

麺類のラインアップは似ていますが、中華丼とかスパイシー系のメニューもあります。

今回は王道の「長崎ちゃんぽん」を注文しました。(3.7ドルくらいです)

肝心のお味は・・・

日本と全く同じ味!

野菜とか麺もすべて日本で食べるのと同じです。

カンボジアにある日系のお店の現状

カンボジアに進出している日系レストランやお店の中には、店名だけを日本っぽくして、提供している料理や扱っている商品は、カンボジア人用に合わせているところもあります。

味付けもカンボジア人好みの辛口・濃い味の料理も多いです。

一例としてカンボジア・プノンペンにあるコンビニ「サークルK」は、ほぼ日本の商品は置いてません。→カンボジア・プノンペンにあるコンビニ~サークルK~

でも長崎ちゃんぽんは違います。

もう一回言いますが、日本と同じ味なんです!

これは在住日本人からすれば、とても嬉しいことです。

今回行ったプノンペンのイオンモール2号店には、日本人社員が働いているみたいなので、カンボジアにいながら日本クオリティーが維持されているのも納得です。

日本の麺類が食べられるお店はリンガーハットの他に「丸亀製麵」もあります。

カンボジアで日本のうどんを食べるなら「丸亀製麺」

現在カンボジアには3千人位の日本人が住んでいる(その大半がプノンペン)とされているので、日本食レストランも結構出店しています。

これからも日本食レストランがどんどん進出してきてほしいな~と思っています。

コメント