妊娠25週目の定期検診でベイビーの体重が軽く羊水多めとの診断

ブログ

今回は25週目に行った、定期検診の様子をお伝えしたいと思います。

基本的には毎月やっている検診と同じ内容で、尿検査・エコーでベイビーの様子を確認する・先生との面談です。

妊娠25週目の定期検診でベイビーの体重が軽く羊水多めとの診断

ベイビーの体重が平均より軽かったこと

調べてみると25週目の赤ちゃんの体重は、平均780グラムとありましたが、うちのベイビーは710グラムしかなく、少し小さめでした。

なので先生からは、次回の検診までに、さく丸(子育てママ)の体重を2キロ増やすようにと言われました。

ベイビーの体重が思ったより増えていない原因は分かりません。

この時期になると、ベイビーの体重が増えない・増えすぎる、あるいはママの体重が思うように増えない、太りすぎるなど、母子の体重を気にする方もおられますが、我が家はあまり気にしないことにしました。→妊娠中に体重が増えない時の対処法はフルーツを食べること?

悩んだからといって体重が増えるわけではないですし、人それぞれ個人差があるからです。

大切なのは自分にできる対策をとって、様子を見ることです。

羊水がやや多め

羊水の量についても調べてみると、AFIと呼ばれる羊水の量を表す数値があって、この数値が8~20の間だと正常、25以上は羊水過多と診断されるようです。

さく丸の場合、この数値が20だったのでギリギリ正常範囲ではありますが、少し多めなので、羊水を減らした方がいいと、先生に言われました。

羊水を減らす方法は、水分摂取量を抑えるくらいしかないみたいなので、さく丸も水分量を調整して羊水を減らすことにしました。

明らかな羊水過多の場合は、注射器を刺して羊水を直接抜く方法がありますが、さく丸の場合は、そこまで深刻ではないです。

なので今回は、あまり気にせず水分量の摂取だけを意識して次の定期検診に臨みたいと思います。

羊水過多の原因を少し考えてみましたが、検診に行く前の1週間、かなり暑い日が続いていたので、毎日大量の水を飲んでしまったことが原因なのかもしれません。

実際、羊水過多の60%以上は、原因不明みたいです。

妊娠25週目の定期検診でやったもう一つのこと

定期検診で行ったもう一つの事は、破傷風の予防接種です。

カンボジアでは妊婦さんが破傷風の予防接種を受けることは必須のようです。(産後長期間カンボジアに滞在する予定がある方は3回、そうでない方は2回)

確かに衛生環境があまり良くないカンボジアでは、傷口から菌が入り込んで、破傷風になる確率が高いので、ママとベイビーを守るためには必要な予防接種なのかもしれません。

ちなみに「子育てパパ」も、初めてカンボジアに来る時に、日本で破傷風の予防接種を受けてきました。

次に定期健診は1カ月後で、その時にバースプランなどの話し合いをする予定です。

コメント