カンボジアにもコストコがある?巨大ショッピングセンター登場

カンボジアにあるマクロ日常

日本で食品を大量買いするなら「コストコ」が人気ですね。

実はカンボジアにも「コストコ?」があるんです!

カンボジアにあるコストコの正体とは?

カンボジアにあるコストコの正体。それは「マクロ」です!

カンボジアにあるマクロ

マクロはタイ系列のショッピングセンターです。

なのでマクロにおいてある商品の多くは、タイから来ています。

コストコみたいに、たくさんの量を安く買いたいならマクロがおすすめです☆

マクロに行った時にチェックしたほうが良い食品は何?

管理人が普段買うのは、卵30個(2.8ドル)・パスタ3キロ(4ドル)・野菜など、消費が早いものを中心に買います。

普段の食材を安く買えるという魅力のほかに、マクロには時々お宝のような値段の食品があります。

カンボジアにあるマクロの店内

例えば、日本酒「沢の鶴1.8L」が3ドル、焼酎「赤猿・黄猿900㎖」が2ドル、オタフクの「焼きそばソース500㎖」が0.5ドル、「冷凍豚バラのスライス1kg」2.5ドルなどお宝価格で商品を買えるときもあります。

しかもセール・割引といった広告が貼ってあることもあれば、貼られていないこともあるので、値札を一つ一つ見ないとお得な商品は見つけられません。

お宝価格の商品を見つけることもマクロの楽しみの一つなんです♪

場所はイオンモールのすぐ近くなので、イオンとマクロの2店舗を1日で楽しむこともできます。

イオンの記事については
カンボジアのイオンにはフットサルコートが併設されている?

マクロの場所は↓

コメント