カンボジアのベイビー・マタニティ服事情

ブログ

ベイビーが生まれたときに着る服を探しに、近所にあるベビー服屋さんに行ってきました。

ついでにマタニティ服もあればいいなと思ってましたが、見事に裏切られました!

カンボジアのベイビー服事情

カンボジアには妊婦さんがたくさんいるので、マタニティ服とかベイビー服もたくさんあるかなと思って、近所のお店に見に行きました。

行ったお店は「ベイビーアウトレット」

店内には普通のベビー用品が売っていますが、ほとんどは中国かタイから来たものです。

プノンペンには「ベイビーアウトレット」のような、しっかりとした店舗で服を売っているお店と、プサーと呼ばれる市場で服を売っている場合の2パターンがあります。

市場の方が値段は安いですが、ザ・カンボジアっていう感じの服しか売ってないので、日本人が求める服はなかなか見つかりません。

なので「ベイビーアウトレット」のような大きめのお店はどうかなと思って行ったのですが・・

うーん、イマイチ。

日本のベビー服屋さんに行ったことないので何とも言えませんが、パッとしないな~という印象です。

値段も1着1000円くらいなので、結構高いです。

カンボジアのマタニティ服事情

ベイビー服はある程度売っていることが分かりましたが、もっと深刻な問題が。

それは「子育てママ」が着るマタニティ服がないことです。

ベイビーの服は最悪、生れてきてから買えばいいのですが、マタニティ服は今必要なので、早急に見つけないといけません。

幸いなことに、イオンで1着見つけましたが、あと数着欲しいところです。

次にFacebookで探してみたところ、あるにはありました。

う~ん。。

若い世代にはいいのかもしれないですが、「子育てママ」には合わないかな~という感じです。

妊婦さんが多いのに、なんでマタニティ服が売ってないんだ!とあきれるしかありません。

「子育てママ」のマタニティドレスはどうなった?

カンボジアで見つけるのは難しいとわかったので、日本にいる「子育てママ」の親に連絡して、送ってもらうことにしました。

2週間後くらいに無事に受け取ることができました♪

荷物の受け取りについては→プノンペンの郵便局で荷物を受け取る方法と注意点

うまくやればマタニティ服とかベイビー服を売る商売ができるかなとも思いました。

何はともあれ、無事にゲットできて良かったです。

コメント