【実体験】海外で生れた赤ちゃんのパスポート・ビザ取得の流れ

子育てブログ

赤ちゃんが生まれてから、最初にやらなければいけない手続きは、パスポートとビザを取得することです。

そこでこの記事では、海外で生れた赤ちゃんのパスポート・ピザ取得の流れを紹介したいと思います。

すべてカンボジアで行った手続きで、国によって多少の違いはあるかもしれませんが、参考にしていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

【実体験】海外で生れた赤ちゃんのパスポート・ビザ取得の流れ

パスポート取得までの流れ

簡単な流れは次の7ステップです。

  1. 出生届と出生証明書を大使館に提出
  2. 本籍地の市区町村長に上記書類を大使が送付
  3. 本籍地の市区町村長が受け取り
  4. 戸籍が登録されたら、戸籍謄本あるいは抄本を取得
  5. 戸籍謄本あるいは抄本を日本から送ってもらう
  6. パスポート申請用紙と戸籍謄本を大使館に提出
  7. パスポート受け取り

出生届と出生証明書を大使館に提出・送付

病院から発行される出生証明書と日本語翻訳、そして出生届を持って大使館に行きます。

日本語訳は出生証明書と同じようなフォーマットで作る必要があります。

ネット上に翻訳サンプルもあるので、翻訳会社に依頼しなくても、個人で翻訳できると思います。

ちなみに大使館への出生届提出は、赤ちゃんが生まれてから3カ月以内が期限なので注意してください。

本籍地の市区町村長が受け取り・登録

大使館に提出した書類が日本に発送され、本籍地の市区町村長が受け取ると、戸籍登録が行われます。


ちなみにカンボジア大使館に書類を提出してから、戸籍が登録されるまでに約2カ月かかりました。

戸籍が登録されたら、戸籍謄本あるいは抄本を取得

戸籍が登録されたら、パスポート取得の行程の半分は終了ですが、まだ半分あります・・・

折り返しとなった次の行程は戸籍謄本・抄本の取得します。

が、面倒なことが。。

戸籍謄本・抄本は、赤ちゃんの両親が役所の窓口で申請すれば問題ないのですが、それができない場合、親・親戚、友人などに代理人となってもらい、取得手続きを進めないといけません。

その際必要となるのが、戸籍謄本申請書と委任状です。

ちなみに我が家は私の母にお願いして、戸籍謄本を取ってもらいました。

無事に戸籍謄本が取れたら、日本から送ってもらいます。

日本からカンボジアまではEMSで送ってもらい、受け取るまでに約10日かかりました。

パスポートと戸籍謄本を大使館に提出

日本から戸籍謄本が届いたら、戸籍謄本・パスポート申請用紙・写真を持って大使館に行きます。

カンボジアの場合、2~3営業日で受け取れます。

受け取りの際、大使館から「赤ちゃんのパスポートを作りました」という旨が記された書類が発行されます。(正式名称は分かりません)

これはビザ申請の時に提出する書類ですので、大切に保管しましょう。

ビザ取得の流れ

赤ちゃんのパスポートができたら、入国管理局に行き、ビザの申請をします。

この際の必要書類は、国によって違いますので、要確認です。

ちなみにカンボジアは、

  • 両親のパスポートとビザのコピー
  • 赤ちゃんのパスポートのコピー
  • 婚姻届受理証明書(日本から取り寄せる必要あり)と、その英語訳
  • 妊娠3カ月のエコー写真
  • 大使館から発行された書類

などで、全部カラーコピーでの提出でした。

意外だったのは、エコーと婚姻届の提出です。

時折、子供をどこかから盗んできて、自分の子供ですよと、うその申告をしたり、児童売買目的で国を出る人もいるようで、そういった犯罪を防止するために必要なんだと思います。

海外で生れた赤ちゃんのパスポート・ビザの取得は時間がかかる

私の実体験をもとに、海外で生れた赤ちゃんのパスポート・ビザの取得の流れについてまとめました。

全ての期間をトータルすると約2か月半必要でした。

また大使館や入国管理局に何度も足を運ぶため、時間と体力が必要になります。

パスポート・ビザを申請する際は、時間と心に余裕を持って臨みましょう!

コメント