妊娠中におすすめの運動3選!いつから始めればいいの?

子育てコラム
  • 妊娠中に運動するメリットは?
  • 妊娠中の運動はいつから始めればいいの?
  • 妊娠中におすすめの運動は?
  • 妊娠中に避けたほうが良い運動は?

この記事ではこのような質問にお答えしていきます。

妊娠中は普段と体調や精神面での違いが出やすいので、少し動いただけでも疲れたり、家事だけで手いっぱいになって、運動はついつい後回し、なんてことになっていませんか。

でも妊娠中の運動について知っておくと、自分の身体をケアできたり、気分転換に役立つので大切ですよ。

妊娠中に運動するメリットは?

妊娠中に運動することで、難産になりにくかったり、妊娠に伴って生じる体の変化や病気に抵抗しやすくなります。具体的に以下のようなメリットがあります。

妊娠中に運動するメリット

  • 低出生体重児や巨大時のリスクを減らせる
  • 体重増加によって発症する可能性がある、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクを下げられる
  • 腰痛・肩こりなどが軽減される
  • リフレッシュできる

妊娠中の運動はいつから始めればいいの?

運動を始めるベストな時期は、つわりや体調が落ち着いてくる妊娠中期からがおすすめです。

もちろん、妊娠初期でもつわりの症状が少なかったり、体調が良い場合は運動しても問題ありませんし、妊娠後期でも体に負担がかからない範囲で運動することもできます。

運動する時間は15分〜30分を目安に、あまり汗をかかない・体に負担をかけない運動にしてください。

妊娠中におすすめの運動は?

ここでは妊娠中におすすめできる3つの運動をご紹介します。

マタニティヨガ

マタニティヨガは、ヨガスタジオでも自宅でもできる気軽な運動の一つで、妊婦さんからも人気があります。

マタニティヨガは通常のヨガとは違い、呼吸法や体の巡りを整えるサポートをしてくれる、負担の軽い運動です。

また腰痛・肩こり・体のだるさを軽くするのにも役立ちます。

マタニティスイミング

プールの中で運動することで、地上で運動するよりも体にかかる負担を減らすことができます。

また、全身の筋肉を使うので、普段あまり動かさない筋肉も動かせるメリットもあります。

ウォーキングやヨガなどの地上での運動より、水の中で運動したい方におすすめです。

ウォーキング

気軽にできる運動の一つがウォーキングです。

外の空気を吸いながら自然を見ることで、リフレッシュや体のコンディションを整えることができます。

ウォーキングの目安時間は20~30分程度で、自宅の周り・公園・河川敷など気分や天候によって場所を変えるのもおすすめです。

妊娠中に避けたほうが良い運動は?

妊娠中に避けたほうが良い運動

  • 身体を過度にねじ曲げるストレッチ
  • お腹を圧迫する運動
  • ジョギングやハードな筋トレ

妊娠中の運動は、汗をたくさんかくというよりは、リフレッシュや体をほぐすことが目的なので、激しい運動は避けたほうが良いでしょう。

特に妊娠初期や臨月が近い時期は、運動よりも体調を整える方を優先したほうが良いかもしれません。

ウォーキングなどの運動中でも着けられるおすすめのマスク

妊娠中には、ウォーキングやマタニティヨガなどの運動が良い事は分かりましたが、新型コロナウイルスの影響もあり、マスクなしで外出するのが難しくなっています。

ただでさえ、マスク=息苦しい・蒸れる・暑いなどマイナスイメージが先行して、あまり着けたくないのに、ウォーキング中までマスクをするのは耐えられない、と思うかもしれません。

そんな方におすすめしたいのが、ランナーマスクです。

商品名にもなっているように、ランニングをはじめとしたスポーツ中の使用はもちろん、あらゆるシーンで使えるように工夫されているのがランナーマスクです。

ランナーマスクは通気性に優れている

マスクを付けている女性の多くはこんな悩みを持っています。

  • ニキビができやすくなった
  • 蒸れて肌荒れする
  • 息苦しい
  • 汗と息で濡れて不快

どの悩みも肌トラブルやつけ心地と関係していて、この原因となるのが通気性の悪さです。

でもランナーマスクは、呼吸しやすい立体設計なので、激しい呼吸や汗でマスクが顔に張り付くことを抑え、前面内側をメッシュにすることで、優れた通気性を確保し、蒸れにくい作りになっています。

それを可能にしたのが、3種類の生地とタック処理です。

通気性が良いので、少し息が上がってきた時でも、マスク内に熱い空気がこもることを避けられ、効率よく新鮮な空気を取り入れることができます。

これによりマスクで覆っている部分は蒸れにくくなるので、スポーツ中でも不快感や肌トラブルの発生を抑えられます。

立体設計になっているので、化粧崩れやファンデーションがマスクにつきづらく、普段使いもできるのが嬉しいポイントです。

優れた速乾性があり、UVカットもできる

ランナーマスクは通気性以外にも、速乾性をあげることで、マスクを清潔に保ち、毎日使える工夫や、UVカット対策をすることで、外での運動や外出中でも肌へ与えるダメージを抑えてくれます。

ドラッグストアやコンビニに売っているマスクは使い捨てで、速乾性やUVカットにこだわっているものはありませんが、ランナーマスクは運動中や外で使うことを前提に作ることで、他のマスクとの差別化を図っています。

5色のカラーバリエーションと3つのサイズ

ランナーマスクのカラーバリエーションはホワイト・ブラック・サックス(ブルー系)・ピンク・ネオンイエローの5色で、ネオンイエローは蛍光色が使用されているので、薄暗い中でも視認性が保たれています。

サイズも、子供用のS・大人用小さめのM・大人用大きめのLの、3サイズ用意しているので、家族で共有して使うこともできます。

ランナーマスクはセットで購入するのがお得

立体感・通気性・速乾性・UVカットなど、つけ心地や着けているときのことを考えて作られているランナーマスクは、1枚2,420円で購入できますが、3枚セットなら5%OFF、5枚セットなら10%OFFのお得な値段設定になっています。

これなら予備用として買ったり、家族みんなで使うこともできるので便利でお得です。


ランナーマスクご購入はこちら

妊娠中の運動は自分の体調と相談しながら無理のない範囲で

この記事では、妊娠中の運動について、おすすめのアイテムと一緒にご紹介してきました。

一番大切なのは、自分の体調に合わせて、無理のない範囲で運動することです。

適度な運動をして母子の健康に気を遣い、安産になることを願っています。

コメント