妊娠後期のおしるしは出産が近いことのしるし。色や量は?

子育てコラム

出産が近くなると、多くの妊婦さんには「おしるし」が見られますが、おしるしが出てくる時期・量・色などは個人差が多く、これがおしるしという決定的なサインはありません。

そこでこの記事では、妊娠後期のおしるしについて、代表的な特徴や対処法、異常出血の時に起こり得る症状などをまとめました。

妊娠後期のおしるしは出産が近いことのしるし。色や量は?

そもそもおしるしって何?

おしるしは通称で、正式には「血性分泌物」といいます。

出産が近づくと、子宮の内側の壁に張り付いている卵膜(赤ちゃんを包む膜)が、子宮の収縮などで、ズレたり剥がれ落ちることによって出血し、粘液とともに押し出されることを「おしるし」と言います。

おしるしの色や量にはどんな特徴がある?

おしるしの色はピンク・赤・褐色などさまざまで、擦り傷の時に出血した時のような少量のものから、生理の終わりくらいの量が出る場合もあり、個人差が大きいです。

おしるしが出てくるのはいつころ?

妊娠37週0日~41週6日目の間におしるしが見られるのが通常と言われています。

もし妊娠37週よりも前に、おしるしが見られたら、前駆陣痛の可能性もあるので、病院に連絡し、指示をもらいましょう。

前駆陣痛とは出産に向けた身体の準備で、不規則に起きる子宮収縮のことを言い、痛みの強さ・継続時間・間隔は人により異なります。

おしるしが出てからお産まではどれくらい?

多くの方はおしるしがあって数時間から数日内に陣痛が始まりますが、2週間程度経ってから陣痛が始まり、出産となる場合もあります。

ただし、おしるしがあるタイミングや出産までの時間には個人差がかなりあるので、おしるしがないまま出産が始まったり、おしるしがあってもなかなか出産が始まらない、おしるしがないまま出産が始まる場合もあります。

おしるしがあったらすぐ出産?どうすればいい?

まずは慌てずにリラックスしたり、病院に行くための準備を始める

おしるしが出ると「どう対処すればいいの?」「もうすぐ出産なの?」「すぐに病院に行かないと」などと慌てたりパニックになるかもしれませんが、まずは落ち着き、リラックスしてください。

先ほども少しふれましたが、おしるしから陣痛が来るまではには、半日から2週間ほどの時間があるので、出産準備(病院に行く準備)を始めましょう。

参考までに以下のようなおしるしや特徴があった場合は、正常な場合が多いでしょう。

ポイント

  • 現在妊娠37週以降である
  • おしるしの色がピンクや赤
  • 出血であっても生理の始まりや終わりかけくらいの量
  • 陣痛がない、または弱い
  • おなかが張っていない
  • 性生活をした

一方、早急に病院に行って医師の診察を受けたほうが良い特徴もあります。

  • 早産(妊娠36週以下)
  • おしるしが赤色で量が多い(生理の2日目よりも多いくらい)
  • おしるしがサラサラしている、水っぽい
  • 胎動が少ない
  • おなかがずっと張っていて痛い

いずれにしても大切なこととして、おしるしがあったら病院に電話したり、医師の診察を受けて、自身の症状や様子を伝えましょう。どのように対処すればよいかを教えてくれます。

おしるしのような出血があった時に考えられる病気と症状

「妊娠36週よりも前におしるしがあった」「量が多い」「おなかに激しい痛みがある」などの症状がある場合は、おしるしではなく異常な出血の可能性が高く、早産になったり、母子の健康に悪影響を及ぼす可能性があるので注意したい点です。ここでは3つの症状を取り上げます。

胎盤早期剥離

本来なら出産時に子宮の壁から剥がれて外に排出される胎盤が、妊娠中・出産前に剥がれることで、この際少量の不正出血が続いたり、激しい腹痛や大量出血が見られることもあります。

胎児はへその緒で胎盤とつながり、栄養や酸素を受け取ったり、老廃物や二酸化炭素を外に出しているため、胎盤がはがれてしまうと、最悪の場合胎児が死亡することもあります。

主な治療法は入院・床上安静、経腟分娩または帝王切開などがあります。

前置胎盤

全分娩の1%弱を占めており、胎盤が正常時よりも腟に近い側に付着しているため、子宮の出口の一部・全部が胎盤で覆われている状態を指します。突然の出血や少量の出血を数回繰り返す場合もあります。

過去に複数回妊娠している・帝王切開の経験がある・多胎妊娠などの場合に発症することがあり、胎児の姿勢異常や前期破水などの影響を及ぼすこともあります。

胎盤を正常な位置に戻すことはできないため、できる限り出血のリスクを下げることが重要で、安静にして出産時期を待つのが一般的です。

前置血管

胎盤や臍帯に支持されない胎児血管が破綻し出血した結果、胎児の心臓音が弱くなったり、胎児が死亡する可能性もあります。母体には大量失血による合併症が生じることもあります。

おしるしがあっても落ち着いて対処し、出産に向けて準備しましょう

おしるしを始めてみたときは不安になったり、すぐに出産になるのではないかと落ち着かないかもしれませんが、まずはリラックスし、出産が近いことを意識し、病院に連絡するなどして出産の準備を始めましょう。

万が一妊娠37週目よりも前におしるしが出た場合でも、対処法はたくさんあるので、落ち着いて行動することが大切です。

コメント