赤ちゃんの鼻づまりを解消する方法ってあるの?

ブログ

生後2週間になった頃、ベイビーの鼻づまりがひどくなってきました。

寝ている最中に呼吸が苦しそうになったり、フガフガと音を立てながら呼吸することが多くなっています。

ネットで調べてみると、赤ちゃんの鼻づまりは珍しいことではなく、鼻周辺の器官が細く、未発達のため起きる症状のようです。

しかし苦しそうなベイビーをそのままにしておくことはできません。

赤ちゃんの鼻づまりを解消する方法ってあるの?

一般的に言われている解消方法は

  • 温かくしたガーゼで鼻を覆って鼻の通りを良くする
  • 綿棒を使う
  • 鼻吸い器を使う

などが主流です。

一通りやってみたのですが、あまり効果がなかったので、万が一のことも考え病院に行きました。

すると、生理食塩水を数滴入れて、鼻吸い器で吸うことをすすめられました。

そして購入したセットがこちら。

生理食塩水は1本15円、鼻吸い器は250円でした。

早速お試し。

生理食塩水を入れて数十秒経つと、固まっていた鼻水がゆるくなり、鼻吸い器で吸いやすい状態になっていきました。

結果、鼻水と鼻くその両方がスムーズに取れました。

でもこの方法。どうやらカンボジアでは主流のようですが、日本の様子とはちょっと違うかもしれません。

というのも1ヶ月検診の時に、日本人医師に鼻づまりを相談したのですが、その時に鼻吸い器で鼻水を吸うのは鼓膜に良くないので、あまりやらないほうがいいと言われました。

それを聞いてから1日何度も生理食塩水を使っていましたが、2日に1回、あるいは3日に1回と、あまりにも苦しそうな時にだけ鼻を掃除してあげることにしました。

2~3日に1回にしても、ベイビーが以前のように苦しそうにすることも少なくなったのは意外でした。

そして、部屋に濡れたタオルを干して加湿することも意識しました。

もしベイビーの鼻づまりで困っている方は、鼻吸い器で吸引してあげるのも良いですが、あまり頻度を多くしない方がいいのかもしれません。

何はともあれベイビーの鼻づまりが解消方法が分かったので一安心です。

コメント