入院する時に準備したい最低限の出産セットを振り返る

子育てブログ

以前、出産する時に準備したい最低限の出産セットについての記事を書きました。→
【実体験】入院する時に準備したい最低限の出産セットって?

でも実際に入院してみると、これは必要だったな、あれはいらなかったなといものがあったので、今回は出産セットの振り返りと感想をまとめました。

入院する時に準備したい最低限の出産セットを振り返る

粉ミルク・哺乳瓶

これは大活躍でした!

というのも、さく丸は出産が終わった後も出血が止まらず、ICUに運ばれたので、赤ちゃんに母乳をゆっくりと飲ませてあげる時間がありませんでした。

なので、準備していた粉ミルクと哺乳瓶があったおかげで、赤ちゃんにミルクをあげることができました。

一つ忘れてしまったのは、哺乳瓶を消毒するための容器(耐熱)と、哺乳瓶を取り出すはさみです。

この二つは友人に買ってきてもらい、なんとかなりました。

スポーツドリンク・ドリンクボトル・うちわ

主に出産中に大活躍しました!

特にうちわとストロー付きのドリンクボトルは、準備しておいて本当に良かったです。

うちわは、さく丸が分娩室に入っている間ずっと使ってました(私がそばであおいでいました。)

ドリンクボトルはさく丸ののどが渇くたびに、これで水分補給できました。

ペットボトルだと、いちいち起き上がって飲まなきゃいけませんが、ストロー付のボトルだと、寝ながらでも飲めるので、楽ちんそうでした。

服・紙おむつ

これは絶対に必要です。

赤ちゃんが生まれた後にすぐに使いますもんね♪

予定の入院日数より長く入院する可能性も考えて、少し余分に準備しておいても良いと思います。

インスタントの軽食

陣痛が始まるまで、あるいは始まってから、小腹が空いた時にさく丸が食べるために準備しましたが、出番はありませんでした。

出産後も病院のご飯を食べたり、食べたいものを買ってくればいいので、インスタント系はいらないかもしれません。

延長コード

これも役立ちました!

充電するものってたくさんあるし、備え付けのコンセントだけだと、自分の欲しい位置にコンセントがないので、意外に不便です。

コンセント系で不便を感じたくない方に、延長コードは必需品です。

出産のためのグッズはほどほどに準備しよう

出産時は何が起きるか分からないので、ある程度の備えは必要です。

しかしたくさん準備しても、使わないで終わったり、グッズを揃えるのに多くの時間や体力を使うことにもなります。

なので、最低限の物を準備しておけば、乗り切れることも多いです。

なるべく荷物を増やしたくない方や、最低限の物だけで良いという方は参考にしてください。

コメント